さいたま発○○行きⅡ


いつかまたさいたまへ
by RED-X_saitama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
東へ西へ南へ北へ
from つかさ不動産鑑定事務所「社員..
吉野家に関する情報
from つらつら日記
気温40.9℃ 最高
from 気になるメモ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


Dive196-199 西伊豆ダイビング 黄金崎ビーチに安良里ボート

山形からはさいたまを通過して一気に伊豆へ。
講習以来5年ぶりに西伊豆でのダイビング2日間。
初日は黄金崎公園のビーチダイビング

2009.9.21 黄金崎ビーチ
Dive196 in12:52 out13:46 Max14.3m Ave9.3m 23.9℃(in water)
Dive197 in14:41 out15:30 Max18.3m Ave11.7m 23.7℃

c0131981_23241668.jpg
c0131981_23243796.jpg
c0131981_2325171.jpg
ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウをじっくり観察。
人なれしているのか結構寄れた。
小魚たちの群れもぐっりゃりと。


翌日は少し南に進み安良里港からのボードダイビング。
黄金崎のじっくりマクロとは正反対、大物ダイビングとなった。

2009.9.22 安良里 沖の根
Dive198 in10:08 out10:50 Max21.2m Ave14.6m 22.7℃
Dive199 in12:18 out13:11 Max18.4m Ave11.2m 23.5℃
c0131981_23305440.jpg
c0131981_23311650.jpg
c0131981_2331397.jpg
c0131981_2331557.jpg
潜行するとオオモンカエルアンコウがお出迎え。
キンギョハナダイの群れを進めば、
マダイ、マアジ、カンパチなんかが悠々と泳いでいた。

さて、これで199本。
200本記念は、来月、宮古島で!
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-28 23:33 | ダイビング

庄内映画村オープンセット

久々の更新は、シルバーウィークに出かけた内容で。

前半はお彼岸で山形に行っていた。
その際に、昨年末波照間島で知り合った宮城に住んでいる友達と行ったのが、
先日一般開放されたばかりという、庄内映画村のオープンセット。

c0131981_164793.jpg
これは竹中直人監督「山形スクリーム」に出てきた建物だね。

c0131981_174979.jpg
c0131981_175656.jpg
c0131981_18927.jpg
このロケセットで、香取慎吾や松方弘樹なんかがたちまわりを演じたらしい。
実際行った日(9月19日)も、主役級はいなかったけど、撮影が行われていた。
でも、ロケセットを見るだけでも、タイムスリップしたような感じで面白かったよ。
いずれは「おくりびと」で出てきた「鶴の湯」を移築して、温泉入浴施設に使用なんて計画もあるらしい。
今後も楽しみだ。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-27 01:10 | 東北

うるまそば

c0131981_2112929.jpg


ソーキに三枚肉に中身汁の具(もつ)が載った
沖縄そばのスペシャルバージョン。

これで食べているところが
現地ならもっといいのだが。

ここはイオン北戸田の中にある「うるま」
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-18 21:12 | 埼玉

確かに、秋は蚊が多いと、先週末の天気予報で聞きました。

でも、5分間外出ただけで7箇所刺されるってどうゆうことよ!

こんなところで合宿研修3日間。
蚊の攻撃に耐えられるんかや?
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-16 22:44 | 日常

2ヶ月ぶりに

次の5連休、2ヶ月ぶりにダイビングするんで
今日は朝出勤前に、水中撮影器材のお手入れをしていたら、
その脇から聞こえたテレビの天気予報

「週末は台風の動きにご注意ください」

マジっすか・・・
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-14 23:33 | ダイビング

大地の芸術祭(11)中里エリアセレクト

信濃川沿いにある日帰り温泉施設「ミオンなかさと」の周辺にもアートがいっぱいある。
c0131981_21153021.jpg公衆トイレだってアート。CLIP「河岸の燈篭」
夜間は灯篭のように灯りがともるらしい。
c0131981_211751.jpg河川敷だってアート。坂口寛敏氏の「暖かいイメージのために -信濃川」
c0131981_21183246.jpg用水路だってアート。小原宏貴氏の「側溝沿いの無限大」



こちらは元保育園の建物を公民館の分館として活用している建物。
c0131981_21214947.jpg
c0131981_21233126.jpg
雪山の上にシロップをかけて、巨大かき氷の出来上がり。そんなことを冬にやっていたみたい。さすがに今時期はできないが、本物のかき氷のおもてなしがあった。ごちそうさまでした。
富永敏博氏「かき氷マウンテン」


「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009」は、今日で閉幕。
このブログの大地の芸術祭シリーズも、ひとまずこれで。

けど、10月3日から11月23日までは、大地の芸術祭2009秋版が開催!
夏版の鑑賞パスポートがあれば秋版でも鑑賞OK。
秋色に染まったアートたちを、また見に行こうかな。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-13 21:28 | 甲信越

大地の芸術祭(10)やまもじプロジェクト

先日も紹介した、日本最大級の河岸段丘を眺めることができる
津南マウンテンパークスキー場。
その斜面を大胆に使った作品が「やまもじプロジェクト」
滝沢達史さんの作品。c0131981_21425234.jpg
あらゆる人の願いが書かれた白布で、山の斜面に大きな「山」の字が描かれる。
もちろん、オレも白布に記したよ。
c0131981_21464748.jpg
c0131981_21465924.jpg
c0131981_21494334.jpg
そして、このプロジェクトは、今週末、12日土曜日の夜に、「やまもじ送り」で集大成となる。
京都の大文字焼きみたいな感じになるのかな。
行けないのが残念だ。


ん、こんなところにも作品が。c0131981_21544081.jpg
c0131981_21544964.jpg

[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-08 21:55 | 甲信越

大地の芸術祭(9)黎の家・上鰕池名画館

東京都市大学手塚貴晴研究室+ 彦坂尚嘉氏の作品「黎の家」
外観も、家の中も、黒でまとめられている。
玄関を入ると、野菜や調理器具を使ったオブジェがお出迎え。
レストランでは、地元の食材をふんだんに使ったプレートランチが。c0131981_2248428.jpg
c0131981_22484055.jpg
c0131981_22485052.jpg
c0131981_2249030.jpg
c0131981_2249897.jpg



さて、ちょっとここで名画を。
c0131981_22502338.jpgモナリザ?
c0131981_22503243.jpg最後の晩餐??

こんな名画!?鑑賞ができるのが、大成哲雄氏、竹内美紀子氏の作品、「上鰕池名画館」
世界の名画にある風景、光景が、この上鰕池集落にいろいろ潜んでいるようで、
その様子が館内展示されている。
このほかにも、傑作がいっぱいあります。笑えます。
ちなみに、上鰕池名画館からさらに先に進むと、
c0131981_22543031.jpgモナリザの風景をバックに記念撮影ができます。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-07 22:55 | 甲信越

北海道バトル

新宿のデパート同志で、今熾烈な争いをしている!?

小田急も、京王も、伊勢丹も、
今、みんな北海道物産展開催中なのだ。
今年はたまたま重なったみたいだけど。
物産展に出店するお店は、3箇所同時開催で大変だろうな。
客にとってみれば、だぶるお店は多いものの、特売品やイートインコーナーなどはそれぞれ違うから、ハシゴも楽しめていいかな。

オレも、今日は、北海道で知り合った旅仲間と飲む前に、3箇所ハシゴしました。試食ばかりで何も購入してないけど(笑)
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-05 22:34 | 日常

大地の芸術祭(8)夢の家 他

川西エリアから、まつだいの道の駅を経由して松之山エリアへ。
松之山温泉街をつきぬけ、狭い急な上り坂をエクストレイルで進む。

マリーナ・アブラモヴィッチが夢を見るために提案する宿泊スタイルをもった「夢の家」
日中も一般公開されている。
c0131981_21462972.jpg
c0131981_21484515.jpg
c0131981_2149146.jpg
c0131981_2150750.jpg寝る際は、このパジャマを身にまとい、ポケットには磁石を入れて、
c0131981_21501658.jpgパジャマの色と同じ色の部屋のベッド・・・棺桶みたいだけど(汗)・・・に入る。
c0131981_21502725.jpg
c0131981_21503519.jpg
c0131981_21504513.jpgこの赤の部屋なんて、ちゃんと寝られるのか不安なくらい真っ赤なんだけど・・・
それぞれのベッドには、黒曜石の枕と夢の本が備えられていて、朝起きたらすぐ、見た夢を書き記さなければならないんだって。
これは実際に泊まって確かめてみないとね。


隣の家には、c0131981_21564761.jpg
c0131981_21565789.jpg
薬草酒ショットバーが(実際に飲めるわけではなかったけど)
もちろんこれも作品。ジャネット・ローレンスの「エリクシール/不老不死の薬」


さらに歩いて1,2分の民家には、c0131981_21592594.jpg
c0131981_21593317.jpg
c0131981_21594217.jpg
c0131981_21595851.jpg

さまざまな穀物、藁、草花などを敷き並べた部屋がある、ローレン・バーコヴィッツの「収穫の家」



c0131981_2201086.jpg
その2階には、藁の様に見える光がモールス信号となっているロビン・バッケンの「米との対話」
モールス信号で伝えているのは、どうも小林一茶の句らしいんだけど、何の句なのか分からず。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-09-03 22:10 | 甲信越