さいたま発○○行きⅡ


いつかまたさいたまへ
by RED-X_saitama
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
東へ西へ南へ北へ
from つかさ不動産鑑定事務所「社員..
吉野家に関する情報
from つらつら日記
気温40.9℃ 最高
from 気になるメモ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧


馬曲温泉望郷の湯

c0131981_657282.jpg


北信州・木島平にある日帰り温泉、馬曲温泉望郷の湯。
昨日、朝6時の開館に合わせて行った。

地元の方なんかも結構入りに来ていたが
皆さん内湯に行かれ、
露天に行ったら独り占め状態。

長野に住んでいたときも通った温泉なので
もう10回以上は来ている。
高社山の眺めが良いところで、
運が良ければ、下に雲海もどきの霧が広がって、幻想的な風景になるのだが、
昨日の朝は温泉も霧の中で、より幻想的だった(笑)
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-31 06:57 | 甲信越

河岸段丘

c0131981_17574364.jpg

大地の芸術祭作品鑑賞で、津南マウンテンパークまで上がった際に見た風景。
信濃川の河岸段丘がここは9段にも及ぶんだとか。
隆起、侵食がそれだけあったってけとだよな。
大地はすげえ。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-29 17:57 | 甲信越

千手温泉千年の湯

c0131981_223465.jpg

新潟県、十日町の市街地から車で10分、川西地区にある日帰り温泉施設。
夜なのでよく分からなかったが、お湯の色は褐色のようだ。
源泉の温度を下げるため加水しているものの、消毒、循環なしの掛け流しで、湯触りが滑らか。
露天風呂は檜の香りも心地よく、閉館30分前にちゃっちゃと入っただけではもったいなかったな。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は仕事を少し早めに切り上げ、愛車X-TRAILで十日町まで来ました。
またしても大地の芸術祭鑑賞にやってきました。
風呂に入る前に夜間鑑賞推奨作品2つ見ましたよ。
明日も朝から芸術鑑賞だ。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-28 22:34 | 甲信越

古牧温泉元湯

c0131981_23441467.jpg
三沢駅から十和田観光鉄道の踏切を渡って徒歩5分もしないところにある温泉。
ホテルの浴場の一つであるが、趣は共同浴場そのもの。
元湯だけの入浴なら、300円で入浴できる。

塩素消毒しているというものの、
熱めのお湯は、かなりぬめり感があった。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-27 23:48 | 東北

階段国道

龍飛崎にある津軽海峡冬景色歌碑。
ボタンを押すと、「ごらんあれが龍飛岬北のはずれと~」と
2番の歌詞でメロディーが流れる。c0131981_22484018.jpg
その脇にある、全国でもここしかない、階段の国道。c0131981_22495395.jpg
c0131981_22502890.jpg
c0131981_2251154.jpg
c0131981_22511049.jpg
c0131981_22512398.jpg
以上、これみんな国道339号線。c0131981_22525060.jpg
絵に表すとこんな感じ。崖の上にある国道と下にある国道を、階段国道が結んでいる。c0131981_22542565.jpg
家の裏手にジグザグ状になった階段国道、分かりますか?
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-26 22:55 | 東北

青函トンネル記念館体験坑道

龍飛崎の真下には、青函トンネルが通っている。
青函トンネル記念館では、そのトンネル掘削の仕組みが紹介されている。c0131981_2302672.jpg
しかも、この記念館から、青函トンネルの作業坑までケーブルカーを使って降りることができる。c0131981_2313079.jpg
c0131981_2314353.jpg



作業坑は、現在列車が走っている本坑を掘るための、資機材運搬等に使うために掘られたトンネル。
今は、トンネルの掘削時の様子を紹介しているスペースになっている。c0131981_235163.jpg
c0131981_2352574.jpg
c0131981_2353426.jpg


見学が終わったら、再びケーブルに乗って地上へ。
トンネルの中のケーブルカーって、立山黒部アルペンルートにもあるけど、面白いよね。c0131981_238452.jpg
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-25 23:08 | 東北

横手焼きそば

c0131981_2348565.jpg


先週日曜日は、秋田の横手が昼食ポイントだった。
横手といえば、焼きそば。

「出端屋」で食べた横手焼きそば(写真は中盛)
目玉焼きが載っているのが横手焼きそばの特徴らしく、
目玉焼きの黄身を割って食べるのが通なんだとか。
とても甘めに仕上がってました。
物足りなかったらソースが卓上においてあるのでそれで味付けを。
焼きそばに福神漬けっていうのもなかなかないよね。

そうそう、9月にB級グルメ選手権が横手で開催されるらしい。
もちろん、横手焼きそばも参戦する。
我が埼玉からは、行田のゼリーフライが参加するようだ。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-23 23:48 | 東北

春日山

大地の芸術祭に行った翌日、8月9日(日)、
上越市に行って、天地人ゆかりの地をまわった。

c0131981_22383090.jpg
春日山城跡に登ろうとすると、謙信像がお出迎え。
c0131981_22394545.jpg
登る途中で雨がパラパラと。
本丸跡から上越市内を見渡すが、その先に見えるはずの山々が見えない。
c0131981_2241465.jpg
雨降る春日山はとっとと降りて、上杉謙信が幼少期過ごした林泉寺へ。

そのほか、直江津の市街地にある天地人博では、
大河ドラマの撮影風景なんかを紹介していた。
上杉謙信になりきって記念撮影なんかもしちゃいました。
その写真は載せないけどね。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-20 22:44 | 甲信越

大地の芸術祭(5)黒板の教室・棚田

まつだい駅周辺には、まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」を中心として、数多くの作品が集まっている。
その中から自分が心に残っている作品を2点。

c0131981_2257110.jpg
河口龍夫氏の作品「黒板の教室」
壁、床まで黒板でできている。
もちろんどこにでもチョークが書ける。
ただ床に書くと人に踏まれて消えちゃうよ。



c0131981_22594861.jpg

「棚田」
ロシアのイリヤ&エミリア・カバコフの作品。
棚田に、農作業をしている人の彫刻がある。
これだけでも周りの緑に青や黄色の彫刻が映えていいのだが、
c0131981_231536.jpg
農舞台の展望台から見れば、さらに詩とも融合する。


このほかにも、辺り一帯は作品だらけ。
まつだい駅周辺だけでも一日で見回るのは無理だ。

ってことで一日作品を見て回ったけど、
見ていない作品がまだまだいっぱいあるわけで。
そのうちまた行っちゃうかもね。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-18 23:04 | 甲信越

大地の芸術祭(4)脱皮する家・コロッケハウス

大地の芸術祭シリーズに戻ります。
今回は松代・星峠集落にある作品。
下の写真、右側電信柱の後ろにあるのが「脱皮する家」
真ん中にあるのが「コロッケハウス」
c0131981_21525997.jpg
脱皮する家は、黒ずんだ柱、梁、床なんかを、これでもかっ!ってくらい彫刻刀で彫りまくっている。
c0131981_2155142.jpg
c0131981_21553888.jpg
c0131981_2156188.jpg拡大するとこんな感じね。
一方、コロッケハウスの方は、金属色に包まれた家となっている。コロッケハウスという名も、衣に包まれたコロッケにちなんだものらしい。c0131981_2159432.jpg
コロッケハウスの2階から見た脱皮する家。c0131981_21592120.jpg
ともに鞍掛純一氏をはじめとする日大芸術学部彫刻コース有志の作品。
脱皮する家は宿泊もできるみたい。
[PR]

by RED-X_saitama | 2009-08-17 22:01 | 甲信越