さいたま発○○行きⅡ


いつかまたさいたまへ
by RED-X_saitama
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
東へ西へ南へ北へ
from つかさ不動産鑑定事務所「社員..
吉野家に関する情報
from つらつら日記
気温40.9℃ 最高
from 気になるメモ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 08月 13日 ( 1 )


おがさわら丸で行く硫黄3島クルーズ2010 その3

硫黄島から離れると、硫黄3島クルーズ限定のランチボックス販売開始の放送が。
c0131981_23182732.jpg

けどドリンク付とはいえ1,000円・・・
普段マックになれている自分はかなり抵抗があり買わなかった。

おがさわら丸にはカツオドリがへばりつくかのように飛んでいる。
彼らの目当ては、船の波により出てくる飛び魚だ。

そんなカツオドリに導かれるかのように、前方には北硫黄島。c0131981_2322351.jpg
c0131981_23224381.jpg
c0131981_23225248.jpg
c0131981_2323044.jpg
c0131981_2323672.jpg
c0131981_23231581.jpg
c0131981_23232263.jpg
c0131981_23232989.jpg

無人島ではあるが、南硫黄島と違うことは、
昭和19年の強制疎開までは人が住んでいたということ。
この急斜面が多い中、わずかな平面を利用して集落があったようで。

c0131981_2323373.jpg
c0131981_23234482.jpg

無人島なので鳥はそれなりにいて、
ここでもバスーカがあちこち向いていた。
自分はカツオドリしか追えない。
バードウォチャーの熱い鳥へのまなざしに、
ただの観光客がきちゃってごめんなさい・・・ってわけでもないけど、そんなくらいに感じた。


この後、講演会や限定グッズ販売、サトウキビの試食などがあり、
夕方に母島近海通過。

ここからうねりがわりとあって、
父島には予定の19時より10数分遅れての接岸となった。


上陸できないとはいえ、鳥に興味ないとはいえ、
なかなか行けない場所だからね。
いい経験になった。
[PR]

by RED-X_saitama | 2010-08-13 23:35 | 関東(埼玉以外)